【レシピ|パン|自家製酵母】レーズン酵母液の作り方

自家製酵母、レーズン酵母の作り方。できあがった酵母。
自家製酵母、レーズン酵母の作り方。できあがった酵母。

私がいつも作っている自家製酵母(レーズン酵母液・元種)の作り方をご紹介します。
分量は目安なので、多少計量の誤差があっても大丈夫です!

酵母液が完成したら、発酵力を高めて安定させるために完成した酵母液と粉で元種を作ります。
酵母液を直接材料に入れて作っても、風味豊かな自家製酵母パンが焼けます。ぜひお試しください。

◆元種の作り方はこちらをクリック

レーズン酵母液の作り方

<材料>
・フタ付きの瓶(容量400mlくらい)
・レーズン(オイルコーティングなし)70g
・水 230g

作り方

1.きれいな瓶に水とレーズンを入れ、フタをする。
2.数日室温におく。(1日1回軽く瓶を振ってフタを開け、すぐ閉める)
3.ぶくぶく泡立ったら完成。

Point

・季節によって完成するまでの期間が異なります。冬はなるべく温かいところにおいておくことをオススメします。
(目安は、夏:約3日、春・秋:約5日、冬:約1週間〜10日)
・完成した酵母液は冷蔵庫で約1ヶ月保存可能。
・使用の際は、酵母のかたまりが沈殿しているので必ず振るか混ぜてください。

 

▼レーズン酵母液(3日目)の様子

 

▼レーズン酵母液(4日目)できあがり☆

 

▼元種の作り方はこちら