【レシピ|お菓子】基本のシフォンケーキ

紙の型で焼いたプレゼント用の基本のシフォンケーキ
基本のシフォンケーキ、焼きたてを冷ましている様子

基本のシフォンケーキの作り方をご紹介します。

わが家では、あっという間になくなってしまう人気のお菓子。
とってもふわふわ、軽やかなので優しい気持ちにさせてくれます。
翌日はしっとり感が増し、より美味しくいただけます。

 

基本のシフォンケーキの作り方

<材料>(17cmのシフォン型 1台分)
– – – – – – – –
●卵黄生地
・薄力粉   70g
・きび砂糖  40g
・卵黄      4個分
・牛乳    50ml
・オイル   13g(大さじ1)
– – – – – – – –
●メレンゲ
・卵白    4個分
・きび砂糖  40g

※オイルは、なたね油・サラダ油・オリーブオイル等お好みのものをご使用ください。
※牛乳は豆乳におきかえることができます。

作り方

下準備

卵を卵黄と卵白に分けてボウルに入れる。
卵白は冷蔵庫または冷凍庫で冷やす。

卵黄生地を作る

①卵黄のボウルにきび砂糖を加えて、泡立て器ですり混ぜる。
②オイルを加えて、全体がなじむようにすり混ぜる。
③牛乳を加えて、同じように混ぜる。
④薄力粉をふるいながら加え、泡立て器で粉気がなくなるまでしっかりと混ぜる。

メレンゲを作る

⑤ハンドミキサー(低速)でほぐし、砂糖の1/3を加えてハンドミキサー(高速)で白く泡立ってくるまで混ぜる。
残りの砂糖を2回に分けて加え、キメが細かくなり、もこもこした状態になるまで混ぜる。
すくうとメレンゲの先が少し下を向くくらいになったら泡立て終了。

生地を合わせる

⑥④の卵黄生地にメレンゲをひとすくい加え、泡立て器でなじませるようにしてしっかりと混ぜる。
⑦メレンゲのボウルに⑥の卵黄生地を一気に流し入れ、ゴムベラで底から返すようにして混ぜる。
メレンゲの筋が見えなくなり、なめらかなクリーム状になるまで、手早く混ぜる。

生地を型に入れる

⑧型に生地を流し入れ、ゴムベラで表面をならす。
台に軽く1回落として、中の大きな気泡を抜く。

焼く

⑨170℃に予熱したオーブンで30分焼く。
※ガスオーブンの場合:160℃ 30分

冷まして型から取り出す

⑩焼けたらすぐに逆さに置いて冷ます。
※ケーキクーラーの上や背の高い瓶にかぶせて冷ます。

【取り出し方】
①型の外側にはみ出た生地を手で内側に寄せる。
②型の側面に沿ってナイフを底まで差し込み、あまり上下に動かさないようにしてぐるりと1周させる。
③底を押し上げて、まわりの型をはずす。
④中心の筒に沿ってナイフを底まで差し込み、②と同じようにぐるりと1周させる。
⑤型の底と生地の間にナイフを沿わせるように差し込み、1周させる。逆さにして型からはずす。

Point

・卵白は、キメの細かいメレンゲを作るためにしっかり冷やしておきましょう。
・生地を合わせるときは、混ぜムラがあると穴が開く原因になるので、メレンゲの気泡を消さずに手早く混ぜ合わせます。
・⑧の生地をならすとき、型の外側のフチに生地をつけるようにならすときれいにふくらみます。また、型の内側から放射状に5箇所ほど均等にゴムベラで印をつけると、上部に均等な割れ目ができ、きれいな焼き上がりになります。
・オーブンの機種により焼き加減が異なります。焼くときは様子を見ながら調節してください。

 

紙の型で焼いたプレゼント用のシフォンケーキ

【紙の型で焼く場合】
170℃に予熱したオーブンで40分焼きます。
※ガスオーブンの場合:160℃ 40分

焼いてそのままラッピングなどができるので、
お土産やプレゼント用にぴったりですね♡